りょーこと真島昌利

ドッグフード「モグワン」100円モニター募集や半額はこちら
おいらが思っている、何もしていない疑い。
これは、優勝したときから思っていた地。勝てたときっていうのは、アスリートの技術が良いアスリートは、良いのですよ。そのアスリートの技術を最大限に生かすことをする。課題をしないという地。それをすればアリ.
優勝したときは、2番に川端。3番に山田。4番に畠山と打順をくっつけて、初めからザクザク扇動という地ね。それで先導攻撃して、なおかつ打順を一括も数多く回そうという地。これは実態規則正しい地したという。
も、他のアスリートには、個の力を重視するということは痛いけれどもね。ういういしいアスリートにはある程度の縛りというか、ダッグアウトで特別までは言わないけれども、ダッグアウトの目論見を浸透させておくべきですし、そういうことをしてきたのかな?とね。
これは、西武ライオンズにも呼べる地光るね。
それは渡辺指揮で優勝したあとからあの西武が優勝していないわけでね。
暫くはですけれども、敗れるのかって。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です